ブログのアクセスアップ法-【初心者編】Part1


ブログのアクセスアップ法-初心者編



5秒間でグーグルインデックスされていたらいいと思いませんか?



さらに5記事だけで50インデックスされていたら?



※インデックス…googleやyahooなどのロボットがあなたのサイトにやってきてページの情報を取得、その後検索エンジンに反映される



SEOの手法のひとつにインデックスされている「ページ数」を増やすというものがあります。ブログの記事数を増やしても、インデックスされなかったら意味がありません。インデックスされている「ページ数」がアクセスアップにつながるのです



現在どれくらいインデックスされているかは「site:サイトのURL」をyahooやgoogleで検索してください。→右上に50件とかでます



初心者はここが非常に少ないです



ではどうやって増やすのか?



ロボットをサイトへ導くのです




サテライトサイト作戦



  1. seesaaやFC2など有名なブログを作ります

  2. 作ったブログのソースコード上でなるべく上の方にあなたの上位表示させたいサイトへのリンクを張ります

  3. 今度は

    を無料登録します

  4. 登録したらダウンロード云々と言われますが、無視してください
    メニューにキーワードランキングとあります。そこには現在たくさん検索されているキーワードがずらりと表示されます

  5. 上から順にそのキーワードをタイトルにした記事を作成します。10文字〜100文字程度でかまいません

  6. さらにその記事にあなたの上位表示させたいサイトのサブページへのリンクを貼ります

  7. 1日3記事〜5記事書いてください(多ければ多いほど努力家)



※サブページ…トップページではないページすべて


理由




  1. ソースコードの上の方にリンクを張り付けるとロボットがそのリンクを通ってくれる可能性が高い。
    例えるなら幅10メートルの道に直径1メートルの穴が空いた道を自転車が走っているイメージ。その穴がリンクである。特定の穴に入れたければその穴をなるべく早く登場させるべきです

  2. なぜキーワードランキングを使うのかというと、キーワードランキングには現時点でたくさん検索されているキーワードがランキングされています。
    たとえば小倉優子さんが結婚したとしましょうw。18時に一気に各局が報じます。そしたら「小倉優子」「結婚」で検索する方が1時間で10万オーバー、しかし現在(2011年1月)、小倉優子が結婚した記事などひとつもありません。
    そこでGoogleやyahooは新鮮な記事を集めようと「小倉優子」「結婚」というキーワードを扱っている記事にロボットを一斉発進。「小倉優子が結婚-速報」なんてタイトルの記事があったら、すぐにインデックスされてしまいます

  3. なぜサテライトブログの記事から上位表示させたいサイトのサブページにリンクを貼るのかというと、ロボットはリンク先のサイトのすべてのページをインデックスしてくれるわけではないからです。
    ですからサブページにリンクを貼ってしまえばいいんです

  4. なぜ記事をたくさん書くのかと言うと、1記事で1回ロボットが来たなら3記事で3回ロボットがくる!という単純発想です。しかし他にも重要な効果があるので騙されたと思ってやってみてください



補足



記事の文字数は適当で構いません。僕は平均30文字くらいですかね?記事も適当です。文法的にもおかしいです。1記事1分で作成する程度にしてください。でないと非効率です



※サブページ…トップページ以外のページ




トラックバックやPing送信、コメント投稿などの小手先のテクニックに触れませんでしたが、のちのち書いていきます


さらにこの手順で作ったブログはとんでもないアクセスを集めます。うまくいけば1時間に2万アクセスも可能でしょう。こちらの方法ものちのち書いていきます




このサテライト作戦については後日、詳しく触れます


あらゆるSEO対策に重要な部分なので…

posted by のり at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | グーグルアドセンスで稼ぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。