SEOスパムの脅威-ドメイン編

今回はドメインに起こりえるSEOスパムについて話していきます

















その前にドメインについてちょっと触れますね






このホームページのURLはhttp://moukaruafirieit.seesaa.net/article/187920261.html#moreでありますが、この”seesaa”の部分がドメインです





そして筆者が登録した”moukaruafirieit”という文字列がドメインの手前にありますね






このようにドメインの手前に、自分で登録した文字列が「.」を挟んで表示されているURLをサブドメインと言います





つまりこういう形ですね


http://(自分で登録した文字列).(ドメイン名).(comとかco.jpとかいろいろ)/







そしてサブドメインの他にもうひとつ、ディレクトリというものがあります。ディレクトリはこういう形をしています


http://(ドメイン名).(comとかco.jpとかいろいろ)/(自分で登録した文字列)/




この通り、自分で登録した文字列は後ろに来るんですね




これがディレクトリです







ではSEOスパム-ドメイン編の本題に戻ります







このディレクトリはドメインスパムになる事があります




例えば、こんな形です






http://(自分で登録した文字列).(自分で登録した文字列).(自分で登録した文字列).(自分で登録した文字列).(ドメイン名).(comとかco.jpとかいろいろ)/






自分で登録した文字列が4回も出てきてますね





実際にはhttp://afiri.afiri.afiri.afiri.seesaa.jp/という形になったりします






なんでこんな事をするのかと言うと


実はドメインにある文字列はSEO対策になるからです





例えば、「SEO」というワードで検索にヒットさせたい場合、http://seo.seesaa.jp/なんてURLにするとちょっと有利です。※この点は別の記事で詳しく掘り下げます





「という事は、URLの中にいっぱいヒットさせたい文字を入れよう!」なって発想する人がでてくるわけです





つまり先ほどの例で言うと


http://seo.seo.seo.seo.seesaa.jp/




なんてURLを作ってきちゃうわけです






これを嫌った検索エンジンは、「こんなURLはSEOスパムにしてしまえ!」と対策し、現在のようになりました






あまり重いペナルティーにならないらしいですが、避けるに越した事はないです








マナーを守って検索エンジンをだましましょうwww







今回はディレクトリのSEOスパムについて触れました





では次回はサブドメインのSEOスパムについて触れます

posted by のり at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。